【ママ記者レター】梅雨突入間近!雨でも楽しめる過ごし方

4月から5月にかけての奈義町は、雄大な那岐山の新緑を背景に、桜のピンク色に続き菜の花の黄色で染まり綺麗でしたね♪爽やかな季節が過ぎ、もう少しで梅雨の時期に入ります。

今月のママ記者レターは、奈義町歴7年、9歳と7歳の2人の娘の母である私岡本が紹介する、奈義町のホタルスポットと雨でも楽しめる過ごし方をご紹介します。

6月の奈義町と言えばホタルです!ホタルが多く飛ぶ日は、雨上がりの湿気が多く、月が出ていない暗い夜なんだとか。

オススメのホタルスポットは、㈱オーエムさんの会社を目印に荒内西の名義川にかかる夕倉橋から札場橋にかけての川沿いです。例年滝川ではホタル祭りが開催され、地元住民の方が夜店を出されます。今年は、6月8日に開催予定ですのでぜひ行ってみてはいかがでしょうか♪

雨だと外遊びができず、家にいる時間が長くなりますよね。わが子が小さい頃はNHKEテレの「まいにちスクスク」を録画していました。手作り玩具の作り方を参考にしておもちゃを作ったり、手遊び歌を覚えて子どもと一緒に遊んだりして過ごしましたよ。

天候に左右されないオススメのお出かけ場所は、つやま自然のふしぎ館♪津山市の鶴山公園近くにあり、奈義町から車で35分程にて行くことができます。

世界の珍しい動物のはく製約800体を中心に昆虫類、貝類、化石、鉱石類を展示。各展示室にある「ここに注目!」の立て看板や、動物ごとに特徴が分かりやすく書かれた説明書きを読みながら進むとさらに楽しめます。

北極出身のホッキョクグマと南極出身のゾウアザラシのはく製が対面で並んでいる展示は、博物館ならでは。ワニが大きく口を開けているはく製はガラスケースに入っておらず、あまりの迫力にわが子は本気で怖がっておりました。今までに3回行ったのですが、毎回新たな発見があり全然飽きないオススメスポットです♪

奈義町の6月の恒例行事は山野草展。苗・寄せ植えの販売を行っています。有料でこけ玉作り体験ができ、わが子と一緒に楽しく作ったのはいい思い出です♪

\「那岐山麓 山の駅 山野草展」について/
日付:2019年6月15日(土)~16日(日)
時間:9:30~17:00 ※16日は16:00まで
場所:那岐山麓山の駅(奈義町高円591-1)
※こけ玉作り体験は有料
出展団体:なぎ山野草の会
       勝田盆栽・山野草の会
       山野草趣味の会
       きんちゃい館
問合せ先:那岐山麓山の駅0868-36-8080

遠出しなくてもホタルが身近に生息している自然豊かな奈義町。わたし自身も愛育委員を通じて感じたことですが、町外から引っ越して来られた小さなお子さんをもつお母さんは「奈義町の皆さんは優しい。地域全体で温かく見守ってくれる感じがする」とおっしゃいます。

のびのびと子どもを育てられる環境が整っており「子育てするなら奈義町で♪」はその通りだと感じています。

【なぎっこきずなメールの配信登録はこちら】

http://www.kizunamail.com/news/5410.html