【ママ記者レター】自然の癒したっぷりの春の奈義町

4月は入園入学シーズン。新しい環境に戸惑い、子どもも親も不安でいっぱいな時期ですね。わが子も昨年小学校に入学しました。

今月のママ記者レターは、奈義町歴7年、9歳と7歳の2人の娘の母である私岡本が紹介する、奈義の春の一大イベント「菜の花まつり」と奈義町で出会える野鳥についてです。

4月の奈義町の一大イベントのひとつ「菜の花まつり」が今年も開催されます。町のシンボルロード沿いの田んぼが一面菜の花でいっぱいになりとってもキレイです。背景の那岐山と合わせるとさらに見応え満点!町外からもたくさんの観光客の方がいらっしゃいます。まつりのメインの日にはシンボルロードが歩行者天国になり、会場にはお店がたくさん並びます。私が訪れた時は、奈義町産のそばをいただきました。

菜の花まつりの会場近くから国道53号線にかけての名義川沿いには、枝垂れ桜の並木道があります。とてもキレイなので、家族やお友達同士で桜の下でお花見、公園でピクニックと春は外に出かけていくのが楽しい季節ですね。

奈義町に来て気付いたこと。それは、家の窓から外をのぞいた時や散歩中にいろいろな種類の野鳥を見かけること!名前が知りたくて、鳥の図鑑を買ってしまいました。一番びっくりしたのは、民家近くにキジが暮らしていること!短い足で走る姿はとってもキュートで、桃太郎の昔話の世界のようです。

先日はわが家のベランダ近くの椿の木にメジロ(全長約11センチでスズメより少し小さく目の周りが白いのが特徴)が飛んできて、かわいい姿を見せてくれました。毎年4月中旬頃になるとわが家の玄関先に来訪者が!それはツバメのつがい。3年程前に玄関ドアの横に作られた巣を、壊さずそのままにしているので毎年やってきて子育てをしています。夫婦助けあって、ヒナを育てていく姿やヒナの巣立ちを間近で見られてほほえましいです。

都会ではツバメの数が減っているようですが、奈義町では春から夏にかけてツバメがたくさん飛んでいます。夏にはカッコウが鳴き、これからの季節鳥のさえずりで爽やかに朝を迎えられるのも奈義町ならではだと思います。積雪(今年はあまり積もりませんでした)が心配で奈義町を訪れるのをためらっていた方も、花いっぱいの奈義町へぜひお越しください。

\「奈義町菜の花まつり2019」について/
開催時期:2019年4月8日(月)~4月21日(日)
場所:奈義町現代美術館周辺及びシンボルロード周辺
メインイベント:4月21日(日)10:00~15:00 ※少雨決行
※メインイベントの日は、シンボルロードが歩行者天国となり、町内の特産品・加工品等が楽しめるフードマーケットや町内外の工芸作家によるグッズマーケットの出店、菜の花エリア周遊車の運行や高所作業車を活用した高所からの菜の花観賞、菜の花迷路や宝探しなど、大人から子どもまで楽しめる内容となっています。
URL:http://www.town.nagi.okayama.jp/kankou/nanohana2019.html
問合せ先:奈義町菜の花まつり2019実行委員会事務局(奈義町役場産業振興課)
       TEL:0868-36-4114/FAX:0868-36-6780

【なぎっこきずなメールの配信登録はこちら】

【↓ママ記者のおしごとに興味のある方はこちら↓】
>> 取材やライティングを学べる無料講座も開催中 <<
奈義町まちの人事部 0868-20-1825/担当:山本