【ママ記者レター】寒さ続く2月!体を温めて風邪を吹き飛ばそう

寒さ厳しい冬の奈義町、皆さん体調を崩されていませんか?
春が恋しい2月。今月のママ記者レターは、奈義町歴7年、2児の母である私岡本の育児体験と子どもと一緒に楽しむ冬ならではの外遊び、奈義町のイベント「七草がゆのつどい」についてご紹介します。

冬の夜は、暖房をつけても部屋がすぐには暖まらず、赤ちゃんの授乳やおむつ換えは寒さと眠さの戦いですね。奈義町に来て初めての2月に最低気温氷点下15.5度を経験し、朝方の授乳ですぐに風邪を引いてしまった私。県南で育ち、奈義町の寒さに慣れない体は、育児の疲れもあってひと月に1回は風邪をひいていました。今ではなつかしい思い出です。

冬の寒さが厳しい奈義町ですが、嬉しいことも!それは、お鍋に入れる野菜が新鮮で安く手に入ること。白ネギ・白菜・春菊・大根!都会では高くつく鍋料理が頻繁に作れます。鍋料理は、育児で忙しいときでもパパっと作れる主婦の味方!柔らかく煮れば離乳食にもなります。

寒いとどうしても家の中で遊びがちですが、寒さが緩む2月下旬。晴れの日には子どもと一緒に思いっきり外で遊びましょう。おすすめは枯草の上でのそり滑り!絶好の急斜面があるのは、奈義町から車で20分ほどの場所にある津山グリーンヒルズトリムの森。小さな子でも怖くない緩やかな斜面があるのは、奈義町から車で15分ほどの場所にある勝央町ファーマーズマーケットノースヴィレッジの芝生広場。

なかなかそりが進まないときは大人がそりのロープを引っ張って手助けしてあげましょう。2人乗りのそりを買って、親子や兄弟で滑ると楽しさ倍増。雪以外でも使えるそりは一家に一台あると重宝します。

2月の奈義町の恒例行事といえば、「七草がゆのつどい」。15回目を迎える今年は、2月10日(日)に奈義町文化センターで開催されます。地元で採れた七草で作るおいしい七草がゆ膳のほか、箏(こと)の生演奏、お茶席などで彩られた美しい空間が楽しめます。七草がゆ膳は先着限定200食、大人1,000円、子ども500円です。

\「七草がゆのつどい」について/
日にち:2019年2月10日(日)
時間:10時〜14時
会場:奈義町文化センター
内容:七草がゆ膳(先着200膳限定)の提供、お茶席、箏の生演奏、生け花・プリザーブドフラワー・ハーバリウムの展示など
料金:大人1,000円(お抹茶付き)、子ども500円
問合せ先:奈義町観光協会事務局(奈義町役場産業振興課)0868-36-4114

温かいものを食べ、子どもと思いっきり外遊びで温まり、体を冷やさないことが健康でいられる秘訣♪子どもたちと一緒に、楽しく奈義町の冬を乗り切りましょう。
(ママ記者ライター岡本祐子)

【なぎっこきずなメールの配信登録はこちら】

【↓ママ記者のおしごとに興味のある方はこちら↓】
>> 取材やライティングを学べる無料講座も開催中 <<
奈義町まちの人事部 0868-20-1825/担当:山本